I am Aska.

The style of Aska reaches, at the same time, an impressive technique and an emotional expressiveness. Agile, lithe, delicate but strong and edgy at the same time. While she plays, the violin seems to be a continuation of her body, with perfect harmony between his inner world and the external. Through it, she can touch the hearts of the people, and through it, people can touch her soul.
Aska の演奏スタイルは、並外れた技術と深い感情表現が同居している。敏捷でしなやか、デリケートでありながら同時に強く、エッジがある。 演奏する時、彼女の楽器は身体の一部であり、彼女の内的な世界と外の世界とを完全に調和させている。 その調和を通して彼女の音楽が人々の心に届き、そして人々が飛鳥の魂に触れる。

Music.

  • Composer & arranger
  • Producer
  • Violinist
  • Electric violinist
  • Vocalist
“When I perform I am transformed into a filter between
the mysterious energy of the universe
and the beating hearts of the audience. ” 
Aska

Bio

Aska Kaneko (Violinist/Composer)
Aska was born in Tokyo and grew up among a family of visual artists. At the age of four she began studying piano and violin. Aska’s unique improvisational style may be linked to her childhood habit of practicing her violin in outdoor settings in dialogue with nature. At the age of fifteen Aska won the Grand Prize in the quartet category at an international competition in London. She went on to study at Tokyo National University of Fine Arts with a full scholarship.

Aska was a one of the musical directors of the Asian Fantasy Orchestra, a 10-year pan-Asian project supported by the Japan Foundation. In New York Aska has been awarded a Bessie Composition Award in 1998. Since 1980’s Aska has also been involved with countless studio recording and support concert tours. Aska leads a large strings group (Aska Strings), which has released four CDs of original compositions including a collaborative work “Encounter”with Hugo Fattoruso(Pf).

In Japan Aska is well known as the musical director of numerous major theater productions.

Since 2003 her group Gaia Cuatro, a Japanese-Argentinian combo, has been regularly touring Europe and Japan. Aska’s discography includes 25 CD releases in a wide range of genres. One of her new projects is with Pheeroan akLaff, who is based in NY: “Pheeroan/Aska project.” Aska also practices Wu-dang Tai-chi, an ancient Daoist tradition, and she is an aspiring vegetable gardener. www.askakaneko.com
Aska Kaneko Gaia Cuatro Jazz

プロフィール

3歳の時に通りかかったレコードショップで偶然耳にしたヴァイオリン演奏がきっかけで自ら望み4歳よりVn/Pf/ソルフェージュを習い始めた。幼少時、抽象画家である母のスケッチ旅行に連れられて大自然の中で好きに声を出しヴァイオリンを弾いたり作曲などして育ったことが、大地を感じさせるプリミティブで自由な即興スタイルに影響を与えた。

10才より6年間ジュニアフィルハーモニックオーケストラに在籍、13歳でイギリス青少年音楽祭に参加。カルテットコンクール優勝。この時オーディエンスに次々と抱きしめられ言われた「Thank you for your beautiful music!」の言葉で激しい心の解放が起こり、音楽が人と人の間、天と地の間をつなぐことを実感する。

東京芸術大学付属音楽高校&東京芸術大学にて学ぶ。
90年代 東急文化村の10年間に渡る連続企画「Asian Fantasy Orchestra」の中核メンバー&音楽監督歴任。坂田明ビルラズウェルグループでモンゴル、ウズベキスタン公演、仙波清彦はにわ東南アジア公演。
96年から4年半 ハワイオアフ島に移住。物のいらない自然に満ちた生活のなかで価値観が大きく変わる。

98年ニューヨーク在住振付家Yoshiko Chumaの「Unfinished Symphony」でBessie Composition Award in N.Y. 受賞。
2000~2004年、金子飛鳥Acoustic unitにて、Japan foundation主宰のヨーロッパ公演、2005年アフリカ公演等、多くの海外公演を行い大好評を博した。

2011より震災支援 「本・つながる・未来」継続イベントを主催。音と言葉による創造的な時間を通して「いのち」のあり方と「つながり」を考え続ける。(ゲスト:菅啓次郎、谷川俊太郎、渡辺えり、山崎マドキ、Eri Liao 他)また、Jane Birkin東北震災支援アメリカ&アジア公演に参加。

Aska Strings
90年代より「Aska Strings」プロデュース、2枚のオリジナルアルバムの他、膨大なアレンジワークやスタジオセッション、コンサートサポートに参加、ファイナルファンタジー(鈴木光人作曲)のストリングスアレンジなども手がけている。2017年三宅純special group(ブルーノート東京)、
Wong in Twan pianoコンサート(浜離宮ホール)2018年 大貫妙子Pure acoustic concert、福山雅治ドームツアーなどで絶賛される。

演劇音楽監督(栗山民也演出:炎立つ、トロイ戦争は起こらない他)、
CM作曲(サントリーアルプス天然水 – vsop CMアレンジ大賞 他) 、
舞踏家との即興コラボレーション(岩下徹、山田せつこ他)、
サポートワーク(大貫妙子、Jane Birkin、佐野元春、山下洋輔、三宅純他) 国内外の重鎮アーチストの信頼を得る。

2018現在の主な継続ユニットは

Gaia Cuatro 
他国籍unit http://www.abeatmanagement.com/site/index.php/en/gaia-cuatro
(Aska Kaneko Vn,Vo, /Gerardo di Gisuto pf,/Carlos el telo Bschini B,/
Toomohiro Yahiro Perc.)

Ubiquitous--Ethnic progressive electric trio
(with 鬼怒無月:Gr , ヤヒロトモヒロ:Perc)
yuLa--Electro Ambient unit
w/ 鈴木光人:Synthesizer manipulator http://project-yula.com
Duo w/ 林正樹(pf)/ 北村 聡 (Bandneon) /Falcon (Gr)他

米国では

Amy Camie(Spiritual Harpist )とのduo ”Amy & Aska”
Pheeroan akLaff(Ds)との “Pheeroan & Aska project”
即興Duo w Scott Robinson (Multi wind player)
Dawn Weber(Tp,Vo) “Electro Funk Assembly “ のゲスト等

静謐と躍動、Acoustic stringsサウンドからエレクトロニクスサウンド、多様な伝統楽器とのコラボレーションなど、スタイルの表面は多岐にわたるが、常に魂の底で音は波動、音霊であることを意識し、美と創造性のある音を発信するよう心がけている。
ダオイズムの武當太極拳、気功&瞑想、家庭菜園で日々心身を整える。

現在東京と米国セントルイスを行き来しながら精力的に活動している。
今までに50ヶ国以上で公演、オリジナルCD24枚。
最新アルバムは”Delicia” (w 林正樹)
http://www.askakaneko.com
Sound is a wave. It matters not if we ponder this fact or ignore it; sound directly impacts our bodies, our minds and affect us all at a cellular level. 
- Aska
© 2018 Aska Kaneko. All rights reserved.